ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

しながわガイド

救急相談センター「救急車を呼んだ方がいいのかな?」「病院に行った方がいいのかな?」迷ったら救急相談センターへ#7119(携帯電話・PHS・プッシュ回線)ダイヤル回線・IP電話等からは23区03-3212-2323受診に関するアドバイスや応急手当に関するアドバイス、医療機関案内などに相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応しています。・緊急性のない場合は「明日には病院に行ってください」等と案内します。・必要により、応急手当の方法をアドバイスします。・緊急の場合は、救急相談センターから救急車を呼びます。救急車を頼むとき1119番に電話します。2次のことをハッキリと伝えましょう。・住所と氏名・家までの目標となる建物など・病気やけがの状態・そのほかに特に必要なことがあれば伝える3電話を切ったら「健康保険証」を用意しましょう。4救急車の「ピーポー」という音が聞こえてきたら、案内人は道に出ましょう。5救急車に同乗する付き添い人は最小限にしましょう。※かかりつけの病院や希望の病院がある場合は、救急隊員に申し出てください。Life Guide交通事故交通事故相談交通事故に遭ったときや起こしたときの対応の仕方や、損害賠償の手続きについて弁護士と専門の相談員が相談に応じます。また、電話での相談にも応じています。費用は無料です。品川交通事故相談所(区役所第三庁舎3階)相談窓口?P.4・7?5742-2061相談時間月?金9:00? 16:00次のところでも相談に応じています。東京都生活文化局広報広聴部都民の声課(東京都交通事故相談所)?5320-7733相談窓口?P.4★交通事故に遭ったときは交通事故に遭ってしまったら、直後の適切な対応が、事後処理をスムーズに行うためにも重要です。特に以下のことにはご注意ください。1運転免許証や自賠責保険の証明書などを見せてもらい、車のナンバーと相手を確認する2警察署に届け出る3事故の状況をメモし、目撃者に証人を頼む4必ず医師の診断を受ける5安易な約束、示談はしない交通事故証明書交通事故の保険金請求には「交通事故証明書」が必要です。自動車安全運転センター東京都事務所へ申請してください。申請用紙はお近くの警察署、交番にもあります。〈窓口〉自動車安全運転センター東京都事務所?5781-3660東大井1-12-5自動車事故対策機構自動車事故が原因で保護者が死亡したり、重度の後遺障害を残すことになったため生活が困窮している家庭に対して、生活資金や子どもの義務教育終了までの育成資金の貸付けを行っています。また、自動車事故により、脳、脊髄または胸腹部臓器を損傷し、常時介護または随時介護が必要な状態の方に介護料を支給します。独立行政法人自動車事故対策機構東京主管支所 ?3621-9941墨田区錦糸1-2-1アルカセントラルビル8F12