ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

しながわガイド

防災には、一人ひとりが自らの安全を守るという「自助」、地域や身近にいる人どうしが互いに助け合うという「共助」が不可欠です。地域の協力■地域の防災活動への参加・防災区民組織の活動に積極的に参加し、地域の協力体制の輪を広げましょう。・避難所訓練など、防災活動に一緒に取り組みましょう。■要配慮者(避難行動要支援者を含む)をみんなで支援・障害者や高齢者など要配慮者(避難行動要支援者を含む)への支援体制を、協力して整えましょう。・避難誘導ワークショップなどに参加し、対応の仕方を身につけましょう。■事業所の地域協力と連携・事業所と地域の協力体制をつくりましょう。・事業所は地域の防災訓練やイベントに参加するなど、日頃から相互支援体制づくりに取り組みましょう。・事業所は独自の専門的な技術や知識、資機材などを有効に活用し、地域の防災活動に協力しましょう。■高層集合住宅居住者の相互協力・高層マンションの防災対策ハンドブックを活用し、日頃から顔の見える関係づくりに取り組みましょう。・生活物資の共同備蓄を検討しましょう。・エレベーター管理会社との連絡体制を確認しましょう。家庭用消火器の購入・詰替あっ旋自宅や近隣で発生した火災の初期消火活動のために家庭用消火器を備えましょう。区では、家庭用消火器の購入や詰替のあっ旋をしております。購入のあっ旋(粉末1.5kg入り規格品)あっ旋価格6,000円区の補助1,400円個人負担金額4,600円詰替のあっ旋粉末・強化液薬剤(2?6型、10型まで)※薬剤の種類・重量により価格は異なります。(3,300円?6,200円)※詰替の目安は、購入から5年位です。※耐用年数(おおむね10年)が過ぎた古い消火器の薬剤詰替はできません。※古くなった消火器は、ごみとして処分できません。・購入、詰替の申込みと同時の場合に限り古い消火器を1本1,100円(消火器リサイクルシール貼付のものは600円)で、処分します。・処分のみ希望の場合は消火器ラベルに記載されている消火器メーカーか、区指定業者に直接ご相談ください。防災区民組織の活動防災の基本は、「自分たちのまちは自分たちで守り地域を越えて助け合う」という考え方が基本です。そこで、地域社会のよりどころとして町会・自治会を母体とした「防災区民組織」を結成し、自主防災に努めています。防災区民組織の活動は、まさに災害から命・財産・わが家を守るという、自分自身の問題でもあります。区民の皆さんも、それぞれ地域の一員として、「自主防災活動」や「防災訓練」に積極的に参加しましょう。区では、防災区民組織の活動や地区防災協議会の防災訓練実施に対し、さまざまな支援や援助を行っています。防災訓練へ参加しましょう地震がおきた時、あなたは落ち着いて行動できますか。いざという時のために、訓練を通して避難方法を体で覚えておくことが大切です。区内の各地区では毎年9月~11月にかけて、防災訓練を行っています。初期消火や応急救護・救出救護訓練などの他、地震体験車による訓練なども行っています。ご家族やご近所の方とお誘い合わせの上ご参加ください。また、12月上旬に避難所の開設・運営を目的とした区内一斉防災訓練も行っています。実施日・実施避難所については、お近くの掲示板または区の広報などをご覧ください。区指定業者所在地電話番号神谷商会後藤商会前出工機和田商会アサヤマ竹内商会東日工業西品川1-28-25南大井4-18-18山本ビル1階東五反田3-17-5二葉2-8-13東五反田1-7-6西大井2-17-10西五反田2-24-9?3783-4882?3762-0376?3449-1581?3782-1885?3443-6191?3772-7913?3494-8936○購入・詰替ともに、はがき・FAX・電話・電子申請での申込みになります。(詳しくは、区の広報・回覧などでお知らせします。)防災課啓発・支援係? 5742-6696FAX 3777-118117