ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

しながわガイド

もっと、住み続けたくなるしながわはこんなまち区内は品川地区、大崎地区、大井地区、荏原地区、八潮地区の5地区に大きく分けられ、それぞれに特徴があります。ここでは、地区ごとの魅力と代表的な場所を紹介します。「住み続けたくなる」「出かけたくなる」きっかけになればと思います。大崎地区目黒川桜並木大崎地区新宿・渋谷・臨海という他の副都心と鉄道でダイレクトにつながり、職・住・遊・学の拠点になっています。オフィスビルやマンションなどの高層ビルが立ち並ぶ中、目黒川の桜並木や旧藩邸の池田山公園やねむの木の庭などで日本らしい四季の彩りを楽しめ、多くの人々を楽しませています。ゲートシティ大崎などの複合高池田山公園の紅葉大崎副都心層ビル群と緑地が共存した副都心。池田山や島津山などの高台には閑静な住宅地があり、昔ながらの環境も残っています。荏原地区戸越銀座商店街荏原地区戸越銀座や武蔵小山、中延などの活気ある商店街が、まちの賑わ戸越公園いと利便性を支えることにより、住民の日常生活を豊かにしています。多くの住宅が立ち並ぶこの地域では、区の最重要課題として防災・減災対策が取り組まれ、どの世代武蔵小山商店街も暮らしやすく安全・安心なまちづくりが進んでいます。また、みどり豊かな戸越公園や林試の森公園は住民の憩いの場になっています。2