ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

しながわガイド

8高齢者の方へ46?予防接種?表8?3保健予防課保健計画担当9障害の10あ生る活方にへお介護保険の困保険料りの方へ?P.45?5742-9152介護が必要な方介護保険制度のあらまし本格的な高齢社会を迎え、介護は老後の大きな不安要因となっています。介護保険制度は、家族だけで介護することが難しくなっている社会状況の中、介護を社会全体で支え、高齢者と家族の希望を尊重しつつ、総合的なサービスが受けられるようにつくられた制度です。165歳以上の方と、40? 64歳で医療保険(国民健康保険、健康保険組合など)に加入している方は、必ず加入しなければなりません(強制加入)。2運営は、区市町村が行います。3保険給付の内容が法令により定められています。介護保険の加入者加入のための届出は、原則として、必要ありません。1第1号被保険者65歳以上の方2第2号被保険者40? 64歳で医療保険(国民健康保険、健康保険組合など)に加入している方11文化・スポーツ?介護保険料1第1号被保険者区が介護サービスにかかる経費を基に基準保険料を定めます(所得に応じて14段階に設定)。第3・4段階の保険料の方で、一定の要件を満たす場合は、第2段階の保険料に減額される制度があります。高齢者福祉課介護保険料係?5742-66812第2号被保険者(*)加入している医療保険の算定方法表8-4介護保険のサービスの種類※要支援1・2の方のための予防サービスがあります。(在宅サービス)介護サービス計画(ケアプラン)の作成※訪問介護(ホームヘルプ)通所介護(デイサービス)短期入所介護(ショートステイ)※訪問看護※訪問リハビリテーション※通所リハビリテーション※訪問入浴介護※居宅療養管理指導※福祉用具の貸与・購入※住宅改修※特定施設入居者生活介護※(地域密着型サービス)小規模多機能型居宅介護※看護小規模多機能型居宅介護地域密着型通所介護認知症対応型通所介護※認知症対応型共同生活介護(グループホーム)※地域密着型特定施設入居者生活介護夜間対応型訪問介護24時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護12暮らし13仕事・産業ケアマネジャーが介護サービスを総合的に組み合わせ、一人ひとりに合ったサービス計画(ケアプラン)を立てます(利用者負担なし)ホームヘルパーが家庭を訪問して介護や生活の援助を行います在宅サービスセンターなどに通って、入浴や食事、機能訓練などを行います(送迎可)介護している家族等が病気や休養、旅行などで一時的に介護ができない場合に、施設でおあずかりしてお世話します看護師が家庭を訪問して、主治医の指示による看護や病状観察、療養指導などを行います理学療法士などが家庭を訪問してリハビリテーションを行います老人保健施設などに通ってリハビリテーションを行います入浴が困難な方に巡回入浴車で家庭を訪問して入浴介護を行います医師などが家庭を訪問して療養上の管理を行います車いす、介護用ベッドなどを貸与し、ポータブルトイレなどの購入費用を支給します(支給限度額があります)浴室やトイレの手すり、段差の解消などのための費用を支給します(支給限度額があります)有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などに入所して介護サービスを受けます通いを中心に、利用者の状態に応じて訪問介護サービスや泊まりのサービスを組み合わせた多機能なサービスを提供します訪問看護と小規模多機能型居宅介護を組み合わせたサービスを提供します。定員19人未満の小規模な通所介護施設でデイサービスを行います。認知症の人を対象に、専門的なケアを提供するデイサービスです認知症高齢者が5~9人で介護を受けながら家庭的な環境で共同生活をします(要支援1の方は利用不可)定員30人未満の小規模な介護型特定施設に入所し介護サービスを受けます住まいとまちづくり夜間(22時~6時)において、定期または通報をうけて対応します。また、必要によりスタッフが駆けつけて対応します要介護の方が在宅での生活を継続できるよう、日中・夜間を通じて、定期訪問と随時対応の訪問介護と訪問看護を行います議会・選挙・監査(品川区独自の介護保険サービス)●要支援者夜間対応サービス特別給付:地域密着型サービス「夜間対応型訪問介護」を要支援1・2の方も利用できるようにします。●通院等外出介助サービス特別給付:・要支援1・2の方の通院時の安全確保や、外出サービスを提供します。・要介護者の病院内での介助サービスを提供します。(施設サービス)常に介護が14必要で家庭での生活が困難な方のための介護特別養護老人ホーム施設(原則要介護3~5に認定された方)老人保健施設介護療養型医療施設15広報・広聴病院退院後などに自宅で生活できるよう、リハビリを中心に医療ケアと介護を行う施設(入所できる期間はおおむね3カ月間)急性期の治療が終わり、長期の療養が必要な場合に入院する医療施設16