ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

しながわガイド

?養護老人ホーム家庭環境などの理由や、経済的理由により家庭で生活できない、65歳以上の方の施設です。※介護保険の施設サービスには含まれません。高齢者福祉課施設支援係?5742-6737?有料老人ホーム利用条件は、健康で自立している方から常時介護を要する方までで、施設によって異なります。また、ある程度の収入があることが必要で、費用負担は施設ごとに異なります。公益社団法人全国有料老人ホーム協会?3272-3781中央区八重洲2?10?12国際興業第二ビル3階日常生活でちょっと困ったなと思ったら・・・区では、日常生活の中でちょっとした困り事などの不安を解消し、住み慣れたまちで暮らし続けられるようにするため、生活上の相談や見守り、簡易なお手伝いなどを行う拠点を地域センター内に順次開設しています。お気軽にご相談ください。対象者:65歳以上のひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯、日中・夜間に高齢者のみになる世帯の方※ただし、下記の地域センター管内にお住いの方のみご相談先品川第一地域センター支え愛・ほっとステーション?6433-9133品川第二地域センター支え愛・ほっとステーション?6433-0441大崎第一地域センター支え愛・ほっとステーション?6421-7810大崎第二地域センター支え愛・ほっとステーション?6303-9139大井第一地域センター支え愛・ほっとステーション?6404-6878大井第二地域センター支え愛・ほっとステーション?5728-9093大井第三地域センター支え愛・ほっとステーション?6429-9637荏原第一地域センター支え愛・ほっとステーション?6421-5557荏原第二地域センター支え愛・ほっとステーション?6426-4110荏原第三地域センター支え愛・ほっとステーション?6421-6542荏原第四地区支え愛・ほっとステーション?6426-2464荏原第五地域センター支え愛・ほっとステーション?6426-2625八潮地域センター支え愛・ほっとステーション?5755-9828事業に関するお問合せ先福祉計画課地域包括ケア推進係?5742-69148高齢者の方へ52旧軍人恩給等に関すること旧軍人・軍属、戦没者の遺族の恩給・年金などについては、下記にお問い合わせください。福祉計画課地域包括ケア推進係?5742-9125都福祉保健局生活福祉部計画課援護恩給担当 ?5320-4078(直)振り込め詐欺多発中!9障害のある方へ〇振り込む前に、必ず自分から家族に連絡を取りましょう。〇医療費・年金等をATMで還付することはありません。〇必ず相手を確認し、警察に相談しましょう。大井警察署?3778-0110(代)品川警察署?3450-0110(代)大崎警察署?3494-0110(代)荏原警察署?3781-0110(代)10生活にお困りの方へ11文化・スポーツ12暮らし13仕事・産業地域で見守って孤立死を防ぎましょう。ひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯が増加している中で、地域から孤立した状態で高齢者が死亡する事例等が増えています。「ちょっと変だな」と感じたら、高齢者福祉課または在宅介護支援センターへ連絡してください。昼間でも雨戸が閉まっている、夜になっても明かりがつかないしばらく姿をみかけない新聞や郵便物がたまっている認知症サポーター?地域の応援者?認知症サポーターとは、なにか特別なことをする人ではありません。認知症について正しく理解し、偏見を持たずに、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。友人や家族に学んだ知識を伝え、認知症の人やその家族の気持ちを理解しようと努めることもサポーターの活動です。「認知症サポーター養成講座」で認知症に対する理解を深めましょう。地域への出前講座も行っています。講座についての詳細は区役所高齢者福祉課へお問い合わせください。高齢者福祉課保健医療・認知症対策係?5742-6802住まいとまちづくりなどお問い合わせ高齢者福祉課高齢者支援第1係(品川・大崎・八潮地区)?5742-6729高齢者支援第2係(大井・荏原地区)?5742-6730お近くの在宅介護支援センター(?P.48)※町会・自治会の見守り活動については福祉計画課地域包括ケア推進係?5742-6914すべての人にやさしいまちづくり区は、高齢者や障害のある方を含む、すべての区民が生活しやすいまちづくりを進めています。一定規模以上の建築物等の新築、改築に際して事前相談、協議を行い、誰もが円滑に利用できるよう努めています。また、平成20年3月に策定した「品川区すべての人にやさしいまちづくり推進計画」に基づき、ハードの整備と同時に心のバリアフリーを含むソフトの施策(意識づくり、情報提供、しくみづくりなど)をより充実15していき、すべての人にとってできる限り利用しやすいまちづくりを進めていきます。さらに、鉄道事業者が、可動式ホーム柵、エレベーター等を駅舎に設置する場合、費用の一部を助成することにより、バリアフリー化を推進しています。16福祉計画課地域包括ケア推進係?5742-6914/都市計画課計画調整担当?5742-676014議会・選挙・監査広報・広聴